年会費 及び EFEL基金へのご協力のお願い

関西外大ESSのOBOGでつくるEFELは、外大の中でも唯一の全体同窓会組織で、年間を通じて様々な活動をしています。これらの活動 並びに 現役ESSへの援助・支援は会員皆様のご協力なくしては成り立っていきません。

【EFEL会費】

以下のようなEFEL会の活動を実施するために年間1,000円の会費及び寄付金をお願いしております。

活動内容は、主に3つの事業趣旨に分かれます。

(1) OBOGの会員同士の親睦を深め、交流を促進する事業

(2) 関西外大と連携した現役ESS活動支援事業

(3) EFELの活動を広く会員に知っていただくための広報事業等

皆様からの貴重な会費は、通信費(ZOOM、HP管理費)、事務費(コピー印刷代、備品)など、事務局を運営するための費用に当てられます。

どうか、皆様にはご理解の上、年会費ならびに寄付金へのご協力を年度末の2023年3月末日までに下記の郵貯の口座にお振込みいただける様、お願いする次第です。

【EFEL基金】

また、会費とは別に現役ESS部員の活動を経済的に援助するため、EFEL基金を設けております。

EFEL基金設立の目的は、ESSの後輩達への支援で部活動や就職活動へのサポートは少しずつ輪が広がっていますが、その活動の基礎を支えるのが基金です。  本基金の使用目的については、ESSとの協議の上決定されます。特別会計としてEFEL一般会計とは別口座で管理され、毎年開催されるEFELの定時総会とWEBサイトで報告します。

これまで「谷本杯争奪全日本学生英語弁論大会英語弁論大会」の大会運営サポート費用及び「スピーチ大会」の奨励金として毎年4~5万円を基金から拠出しております。

皆様から頂いた心温まる支援金は、これまで、ESSの学生達をどれだけ勇気づけ、励ましたことかわかりません。 

これからの未来を担う、後輩達のためにもご協力をお願いします。

 

【年会費 及び 寄付金 振込口座】

★ゆうちょからお振込みの場合

ゆうちょ銀行

(記号) 14370

(番号) 43562031

(名義) EFEL

★ ゆうちょ以外の銀行からお振込みの場合

ゆうちょ銀行

四三八(ヨンサンハチ)支店

普通 4356203

(名義)エフェル

*尚、年会費をいつまで納入されていたか確認されたい時 又は ゆうちょ銀行に寄付金として振込された場合は、お手数ですが、財務会計担当の細川幸治まで連絡下さい。

koji.hosokawa@gmail.com

EFEL基金専用 振込口座】

金融機関名: 三井住友銀行 枚方支店 普通預金

名義人: エフエル、カイケイ

店番: 158 

口座番号: 4727175 

*振込手数料は EFELが負担いたします。 

 

ご参考として、EFEL会の活動 及び EFEL基金運営規定をご紹介します。

<EFEL会の活動> 

本年度は、次のような事業計画をたてて進めています。 

 【定期総会】 

年に一度の全体会合です。

通常は大学祭のカミングホームデーに併せて母校で実施しています。会員同士が交流する場でもあります。

 【役員会】

2022年度は毎月1回オンラインにて開催しております。

 【現役ESS活動支援】

アメリカ留学中の母校学生との座談会・就職相談会・スピーチコンテストなどの指導 及び 大会運営サポート

をしています。

 【ブロック活動】

国内は関東、中部、北陸、関西、中四国、九州の6ブロックに分かれて、海外はアメリカで活動をしています。

 【情報発信】

ホームページやFACEBOOK/LINE等で情報発信をしています。

 

<EFEL基金運営規定>

第2条(基金の目的)

ESSの活動に対して支援を行い、もって関西外国語大学及びESSの知名度の高揚、英語力の向上など

ESSへの貢献を目的とする。

第3条(事業)

基金は前条の目的を達成するため、次の各号に掲げる事業の用に供するものとする。

(1)ESSの対外的事業やイベントへの金銭的支援

(2)必要に応じて指導者やコーチを採用する

(3)その他、第2条の目的を達成するための諸活動への支援

 

2022年度EFEL基金運営委員

 委員長:水野明洋、 副委員長:丸谷一也 、 委員:遠藤秀剛/藤澤リエ

 財務部長:細川幸治 、 監査:杉本洋之/田坪紀美